近未来の生活百科

何かのヒントになれば幸いです。

仕事のできる女性への接し方

f:id:freekingas:20190223092123j:plain

バリキャリの反動形成
バリキャリ(バリバリのキャリアウーマン)にも様々なタイプがあります。50代は体育系鬼サラリーマン型、40代は挑発ファッション系自己中心型、30代は夜遊び系ミニ出世欲型、そして20代は自分探し系不満分子型です。

タイプによって、それぞれ心の急所がずれていますが、4タイプに共通の急所が1つだけあります。それは「女らしさ願望」です。

心理学に「反動形成」という言葉があります。これは、例えば過激なフェミニストほど、潜在意識の中に男性に優しくされたいという願望が強く潜んでいたりするものですが、

こうした潜在願望を見破られないために、ますますかたくなに反対の姿勢をとる心理のことを指します。バリキャリには、男には負けてはならないという戦闘姿勢があります。

それはかなり同情の余地がある話で、多くの企業のオジサン達は、いまだに「女が働くこと自体、間違っている」と少なからず思っていることでしょう。

しかも、出世では明らかに男性社員に比べて大きなハンデがあります。セクハラもあります。彼女達の姿勢がハリネウミ状態になるのも無理はないです。

バリキャリの潜在願望
元々、彼女達にも女らしさへの欲求はあります。それが反動形成をとるうちに、いつしか潜在願望の形で閉じ込められていくようになります。

強く振る舞えば振る舞うほど、潜在願望は大きく育っていくという構図になります。しかしながら、実はバリキャリには、できる女性を女っぽく扱うのは失礼なんていう遠慮は一切無用なのです。

むしろ、バリキャリ相手には、極端なレディーファースト攻勢をかけてみましょう。雨の日、車から降りる時に、ドアの上に傘をかかげてあげたり、レストランでは椅子を引いてあげましょう。

つまり、徹底的に甘ったれのネコにさせといてあげるのです。スーツのボタンがとれたら、遠慮せずにボタン付けを頼んでみましょう。そうすれば、信じがたいほど可愛いらしい女性がそこに現れることになるでしょう。

【PR】歯科医師共同開発の全額返金保証書付き口臭サプリ

f:id:freekingas:20190223092516j:plain

太っているのは太ることをしているからです

f:id:freekingas:20190206103747j:plain

太っているのは、理由があるはずです。思い当たることをご紹介していきます。心当たりのある方は、それらを改めれば痩せるはずです。

早食いは太る
食事をして、おなかがいっぱいになったと大脳が感じ、食欲にブレーキがかかるには、ある程度の時間が必要です。

食事のペースが早いと、この食欲にブレーキがかかる前に、思った以上の量を食べてしまい、つい食べ過ぎてしまいがちです。

早食いには満足感が少なく、食べ過ぎがちになって太るという訳です。

ちなみにスピードダウン法は、一口ごとに20~30回噛む、食事中に会話を楽しむ、食事の速さを遅い人に合わせるなどが考えられます。

1日3食より2食が太る
1食抜けば痩せられるというのは、大きな間違いです。食事回数を減らせば、食事の量が減るとは限りません。

むしろ1回あたりの食事量が増えたり、間食や夜食をしたりしがちです。

1日2食主義は別名、相撲取り体重アップ法ともいわれ、お相撲さんが太るのは食事量の多さもさることながら、1日2食しか食べないということも関係しているようです。

食事と食事の間が長くなり、空腹感がひどくなります。この時食べた食品のエネルギーは吸収が高まり、皮下脂肪として蓄積されやすくなるので、太りやすくなるのです。

痩せるためには朝食を抜いたりせず、食事は1日3食、決まった時間に食べましょう。

ながら食いは太る
食べることに身が入らないような行動をしながら、食事または食品を食べることを「ながら食い」といいます。

典型的な例は、テレビを見ながら食事やおやつを食べることです。

集中力が散漫になり、食べたという実感がわかず、多めに食べないと物足りなくなりがちです。つい食べ過ぎて太るという訳です。

【PR】医療メーカーが開発したダイエット機器

f:id:freekingas:20190206104813j:plain

嫁が浮気している?

f:id:freekingas:20180529102538p:plain

嫁さんがもし浮気をしていたらどうしようと不安になることありませんか?もしそうなら嫉妬するでしょう。それとも、あり得ないと心の中で打ち消しますか?

中には嫁さんの目が自分に向かないから、ほっとするという人もいるのでしょうか。それはある意味凄いです。でも本当は真実を知るのが恐いのでは。今の関係が崩れたら嫁さんが、その男の元へ走る…

本当はそう思っているのでしょう。彼女がいない人生は考えられないと。男女としての愛というよりもしかしたら一人になるのが怖いのでしょうか。

・共働きの妻が残業を理由に帰りが遅くなった。
・携帯にロックをかける。
・妻がスキンシップを拒否する。
・寝室別でセックスレス

もしかしたら、男性の方が家庭生活において変化を好まないのかもしれません。でも心当たりがあるのなら、確認をする必要があるのではないでしょうか。あなたに対して興味がないなら、いつか嫁さんは本当に帰ってこなくなるかもしれません。

【PR】お悩み相談だけでも大丈夫です。

浮気を確認をする方法

離婚を経験された男性のブログの記事を読んだことがあります。その方は、嫁さんが浮気しているかもしれないと感じ、注意していると男性と会っていると思われる曜日まで判ってきたそうです。

そして、その方はある日会社を休んで嫁さんの後をつけて、浮気相手の男性の家や勤めている会社までつきとめました。その後、浮気相手の男性の会社の上司に連絡し面談して事の顛末を話したそうです。浮気相手の男性から慰謝料をとった上で、嫁さんとは離婚したということです。

ただ皆が皆、こういう具合にはできないかもしれません。関係を修復するにしても、離婚や慰謝料(浮気相手含む)請求するにしても、プロに相談するのが良いのですが初めての探偵社選び、何かと不安かもしれません。お悩み相談から探偵社のご紹介まで無料で徹底サポートして頂けるサービスがございます。

ここにはオンライン見積りサービスがあるため、面談せずに自宅で見積りを確認することも可能です。あなたの悩みを解決する手助けとなるでしょう。利用してみてはいかがでしょうか。

【PR】浮気・不倫調査無料シミュレーター

f:id:freekingas:20180529103351j:plain